フェミニスト理論3

 この理論によって、女性の教育水準を上げたり社会進出を促したりすることが出来たのは、フェミニストの理論の大きな功績である。よって、セックスワークを禁止するために用いるのではなく、女性「全体」の不均等な立場を明らかにするものとしてなら利用できる。
セックスワーカーたちの望むことは、被害者として扱われることでもなく、性産業を「自己決定」した主体者として扱われることでもない。実際に、社会的構造の被害者であるために性産業界に入らざるを得なかった人や、自己決定でセックスワークを選んだ人もいるかもしれない。しかし、彼女たちはそのどちらも共有していて、それのよしあしは彼女たちが決めることであって、他者が決め付けることではない。とにかく、性産業が被害者一般の仕事と同じように人権を保護され、特別視されることなく働ける環境になってから売春の是非の議論ははじめて行われるのだ。